オリックス銀行カードローン メリット

オリックス銀行カードローンのメリット

オリックス銀行カードローンは当サイトではランキング5位に食い込んでいます。オリックス銀行カードローンでは、口座開設不要で申し込みが可能なことや即時振込が可能だったりと他にはない利便性を持ちながら、消費者金融並に金利が高く、申し込みから融資まで比較的時間がかかるなど幾つかマイナス要素もあります。

 

オリックス銀行カードローンのメリットを詳しく見てみましょう。

 

提携ATMの手数料無料!

オリックス銀行カードローンは銀行のサービスに属します。それゆえ提携ATMの利用料は無料であり、その提携先は三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、イーネットなど多岐にわたります。

 

時間外でも利用手数料は無料で、少額の借り入れでも無駄なく利用でき、むしろ必要以上のキャッシングをせずともお得に賢く使っていくことができます。

 

「登録口座」か「振込専用口座」にジャパンネット銀行の口座を指定しておけばいつでも迅速な振込が可能で、朝出かける前にキャッシング依頼をしても即時反映されます。

 

これは当日のクレジットカードの引き落としやその他急な出費にも対応できるということであり、条件さえ整えば利便性は申し分ありません。

 

この即時振り込みサービスは土日や祝日でも可能で、いざというときの非常に心強い味方です。

 

銀行系の強み

消費者金融では収入証明書などの提出が義務付けられる高額のキャッシング(50万円以上、あるいは他社との借り入れ残高合計が100万円以上)でも、オリックス銀行カードローンでは希望額300万円以内なら収入証明書は必要ではありません。

 

これは手間を省ける、総量規制に縛られない銀行系カードローンならではのメリットです。

 

そして借り入れ金額が30万円以下なら、月々7,000円の返済から始められます。総額は利息によって膨らむことになりますが、とにかく滞納だけは避けたいという方には7,000円で済む返済は魅力的なはずです。

 

借入金額が少ない場合、オリックス銀行の月々の返済の負担は他の消費者金融や銀行系カードローンと比べても低額で済みます。

 

幾つかのトレードオフも

ただしあえてデメリットを挙げると、銀行系の割には金利が17.8%と消費者金融並みに高く、総量規制の対象外なのに収入がない場合は融資を受けることが出来ません。

 

これは幾つかのメリットとのトレードオフということになります。

 

まとめ

しかし、総合的に見てオリックス銀行カードローンはメリットの多いカードローンです。

 

利用しやすい環境であれば、その他の消費者金融を差し置いて選ぶメリットを備えています。