金利をよく選ぶには?

金利をよく選ぶには?

「カードローン」「キャッシング」などと呼びますが要は消費者金融でお金を借りることであって、それを返済するにあたって金利が低い方が安く済むのは言うまでもありません。返済の回数が増えるにしたがって、支払う総額は10倍以上になります。

 

金利(実質年利)によってどのように利息が計算されるかは他ページでご紹介していますが、「4.5%〜18.0%」などのように金利の幅があるのはなぜか、ここでご説明します。

 

消費者金融と銀行とで違う

金利は審査結果や融資額によって変わります。基本的に融資金額が大きければ大きいほど金利は下がり、金額が小さいほど金利は上がります。利益率と取り立てる金額を考慮してのことです。

 

最低貸し付け額もそれぞれで決まっていて、1万円から、10万円から等となっています。たとえば10万円〜キャッシング可能というところでその最低金額の10万円を借りると、金利は上限の18.0%になるでしょう。また、消費者金融と銀行のカードローンでも差が生じてきます。

 

消費者金融では利便性が高く融資のスピードが速い分、利益や回収の確立などを考慮して金利が高く設定され、銀行のカードローンでは融資の上限額が大きく金利を低く設定して利用者のメリットを大きく提供する分、利用者の審査に時間がかかり即日融資などは行っていません。

 

金利は利用金額帯のものをチェック

金利を見る場合は「適用金利表」と「上限金利」をチェックしましょう。金利の欄には実質年率○○%〜と書かれており、それの範囲内で適用利率が決まります。

 

低金利であれば安く済むのは確かですが、初回利用で、しかも小口の融資に下限金利が適用されることはあり得ません。

 

下限の金利は大口融資向けであり、それだけの融資には相応の年収が必要になります。それより自分が借りる金額に適用される金利を確認し、そこから利息を計算しましょう。

 

金利が低い消費者金融を選んでも、店舗や無人契約機が近所に無くて使いづらい、いつも行くコンビニと提携してなくて違うルートに寄らないといけない、無利息期間などのサービスがイマイチ等の利便性で劣ることになるでしょう。

 

金利で選びつつ、その他の利便性を左右する要素を考慮に含めてください。

 

金利をよく選ぶ

以上のことから、金利は最低金利ではなく自分の借りる金額に当てはまるもので最も安いものを選びましょう。

 

ATMの手数料が無料かどうかも大切です。

 

まとめ

金利は安ければいいのですが、最低金利が適用されることはまずありません。それよりも現実的な利便性などが決定を左右することが多いでしょう。

関連ページ

利息を計算しよう!
借り入れには利息が付いて回ります。借金の一つである以上、返済の義務と共に発生するのが利息です。利息を計算するために設定された単位は金利とも言われますが、これを借りた元金にプラスして返済しなければなりません。
消費者金融は銀行とどう違う?
「消費者金融」とよく聞くものの、どんなサービスを提供しているのでしょうか?闇金の取り立てなどで間違ったイメージがついてしまっていますが、法律や契約に関してもあらかじめ知識を入れておくことは、実際の利用や計画に役立ちます。
銀行カードローンに勝るメリット
既に見てきたように、銀行にもカードローンなるものがあり、個人向けの融資が受けられます。これも同じく法律によって認められ管理されているサービスですが、「消費者金融」との違いはどこにあるのか、さらに目立った違いを挙げてみましょう。
バレずに借りるのにおすすめの消費者金融はコチラ!
ここでは、消費者金融からの借り入れをとにかく目立たずに行いたいと思う方がほとんどでしょう。雑居ビルの金融屋に行かなくても、インターネットさえあればキャッシングが可能です。オンライン上で完結する業者をご存知でしょうか?
審査を左右する「属性」とは?
消費者金融を利用する場合避けて通れないのが審査です。審査は、債務者がきちんと返済できるかどうか、幾らまで貸し付けが可能かを見極める儀式で、これは利用者にとって最初の難関です。
消費者金融と闇金の違い
消費者金融の仕組みについてもう少し調べてみましょう。消費者金融は借金の取り立て屋ではなく、あくまでお金を貸して利息から利益を得る会社です。その仕組みは法律によって管理されています。
消費者金融を縛る法律
「消費者金融」「サラ金」「街金」は同じで、すべて個人向けの貸金業者やそのサービスを取り扱う業者を指します。同じようにお金を扱う銀行との違いを見て、さらに理解を深めてみましょう。
金利よりも利息に気を付けよう
初めて消費者金融を利用する場合、幾らか不安に感じるのも無理はありません。以前は社会問題化するほどの騒動となりましたし、借り入れやキャッシングと言っても借金を背負うことには変わりはありません。
ネット完結型を利用しよう!
消費者金融を利用するうえで大切なのは利用者の計画性です。むやみに借り入れするのは非常に危険です。いくら法律で利用者がある程度守られているとはいえ、自分の生活が破綻してしまう危険性は少しも変わっていません。
即日融資に有利な業者は?
即日融資は便利で、借り入れをするからにはすぐに融資してくれるところがありがたいですが、実際に消費者金融で申し込むとどれぐらいかかるのか、各社の公表値などをまとめてみました。これは利用の計画に関わってくる要素です。
即日融資は可能だが条件を満たすべし
急な出費はいつだって起こり得るもので、特にそれが土日・祝日の場合はかなりのストレスになるかもしれません。土日祝の緊急なキャッシングにも対応してくれる消費者金融は非常にありがたいものです。
即日融資には幾らかの準備が必要
即日融資は非常に便利なサービスです。これができればいざというときでも上手く利用して支払いをスムーズに行うことが出来るでしょう。即日融資を受けるには幾つか条件があり、新規の場合は特に今消費者金融の店舗に行ってすぐに借りれるというわけではありません。
即日融資を申し込むには?
即日融資は幾らかの準備で実現できます。急いでいるならいくつか注意すべき点があり、特に銀行でのカードローンなどは時間がかかります。消費者金融ではどのような手順や注意点があるかまとめました。
「総量規制」について
消費者金融で借り入れる上限額を決めるにあたって、「総量規制」という言葉が出てきます。この法律が施行されたことで借り入れの限度額が細かく決められるようになりました。利用者の安全や一定の資産を守るためですが、今回は総量規制と債務者の利用の関係について考えてみましょう。
信用情報の役割
消費者金融で借り入れする際に関係するのが「信用情報」です。個人信用情報とも呼ばれるこのデータベースは「利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の支払能力に関する情報」と定義されています。これを管理するのは以下の情報機関です。
バレずに借りるための要素は?
家族に内緒でバレずにキャッシングするには何に注意すべきでしょうか。消費者金融などの利用を考えていて、返済のめども立っているのに目立つがゆえに利用をためらう方も少なくありません。ここではバレずに借り入れするポイントをご紹介します。
バレやすい利用の仕方
せっかく申し込みは無事終わらせたのに、利用の際に少ししくじることで消費者金融を利用していることがばれてしまうこともあり得ます。徹底的にばれないようにするには何に気をつけるべきでしょうか?
滞納にはメリットなし!
キャッシングは借金の一つです。契約の期日までに返済しなければなりません。滞納してしまうとそれが犯罪という訳ではありませんが、何らかの問題が発生します。もし滞納してしまうとどんなペナルティがあるのでしょうか?
滞納するとどうなる?
返済が辛くなってきたとき、支払いをやめることは可能でしょうか?結論から言うと、夜逃げして日本全国を逃げ回る覚悟がなければ踏み倒すのは不可能に近いものがあります。実際に支払いが滞った時、どのような手順で回収が行われるのかご紹介しておきます。